FC2ブログ

手紙

手紙
 先日我が家に来てくれた修学旅行生から手紙が届きました。
 人それぞれ感じ方が違うのは当たり前のことですが、都会の人たちには田舎の農村はどのように映ったのでしょうかねぇ?
 毎朝、日の出から日没までの農作業。
 夕食も家の裏の家庭菜園から獲れた自家野菜での食事。
 「自給自足」がテーマではないですが、物足りなかった食事かも知れません。

 しかし、農業の大切さと作り手の想いだけは感じてくれたと錯覚している自分です(笑)
 我が子のように接する農産物のひとつひとつ・・・。

 近い将来、黒石をまた訪れてください。
 お待ちしています。

雨降りの中・・・。

 今日の午前中は曇り空でしたが午後からは天気予報的中!!生憎の雨。
 弘前大学から3人の学生が来園。今時期はありがたいのなんのって・・・。
 猫の手も借りたい繁忙期。楽しみながら乗り切りたいと思いつつも頭の中はグルグル。計画を狂わそうとする雨降り。
 しかし今日は総勢7人での「サンふじ」の着色管理作業。
 明日も来てよ!と甘えてみましたが平日の為に無理とのこと。当たり前かぁ~。

 明日から中生種の「昴林(こうりん)」の収穫予定。
 一日も休みたいが今時期は絶対に許されない。

胸キュン!!

千葉君
 岩手県生まれの千葉君。
 昨年、弘前大学を訪れた時にサークル勧誘のパンフレットを解して知り合いグリーンツーリズムに興味があったこともありこの繁忙期にボラバイトとして来てくれます。
 私の知っている限りは話すし、彼からも学ぶことは山ほどあります。
 今日も朝早くから来てくれました。
 おかげで「昴林(こうりん)」の収穫を一園地終えることができました。
 大学生の中でもこのような活動をしている方々が年々増えているようですし、援農として来られる方々の心に感謝ですね。
 どのようにして子を育てればこのような心の持ち主になれるのでしょうね?
 子育てもうまくできない親にうまいりんごが育たないのかも知れませんね。
 ボラバイトのため安い賃金で働いているわけですがその賃金の中から「実家のお爺ちゃんお婆ちゃんに昴林というりんごを食わしたいんですよ。昴林のりんごがありましたら少しでもよろしいので分けてくれませんか?」
 心が詰まるような想いでした。
 お代なんてどうでもよく、明後日また収穫するんで収穫したら早速発送しますよ!!

働かざるもの食うべからず

ひかり葉取り
 「サンふじ」の着色管理で朝から晩まで大忙し。
 早く葉っぱを摘んでりんごにお日様をあててやらなきゃ万遍なく赤く色づきません。
 午前中の休憩時におやつが目的で自転車で畑へやってきた娘。
 お菓子をたらふく食べ家に帰ろうと次女にパートの母さんが「ひかりちゃん!!働かざるもの食うべからず。」って言葉知ってるか?の問いに知るはずも無く・・・。
 ゆっくり丁寧に解説され手伝いする事に決定!!
 しかしこれが驚いたことに玄人並みの腕前。
 一個のりんごの周りの葉っぱを摘み取ると1円で交渉。
 結果、600個の葉摘みで600円のお小遣い。
 
 今は猫の手も借りたいくらいの農繁期。
 葉っぱ摘み取り体験希望者おりましたらご連絡ください。(笑)

 私には三人の子供がおりますが三人姉妹です。
 今日の仕事ぶりから後継者は次女に決まりそうです(笑)

ありがたやありがたや・・・。

 毎日毎日サンふじの収穫に追われています。
 出来秋に感謝し楽しみながら進めてましたが、そろそろ体が悲鳴をあげてきました。
 今日は急遽、弘前大学の学生が早朝よりお越しくださり感謝感謝です。
 しかも神の手を持つ学生達。
 りんごもぎの経験があり、若さにものを言わせ早いのなんのって・・・。
 りんごの選果が間に合いません。
 今年は全県的に収量の減収と言われてますが今のところは平年並みといったところでしょうか?
 もう一週間くらい毎日収穫作業が続きますが、今年の恵みに感謝しもう一踏ん張りします。
 よいしょっと・・・。収穫学生

 
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク