北の国から~第1弾~

 北海道から中学生の農家民泊がやってきました。
 毎年来られてる中学校です。先生方の顔もだいぶ覚えてきました。
 昨日は午後から天気が良かったので畑で摘蕾の仕事を、今日の午前中は雨だったので畑仕事を休み、自宅の作業場でりんご箱の箱打ちを行いました。
 実は自分も始めてです。
 松の木を木取りしたものを購入し、りんご箱へと組み立てていく作業です。
 二人一組になり一人は抑え役。もう一人は釘を打つ係り。
 最初は苦戦してましたが徐々に手付きも慣れ「トントントン!」「トントントン!」と釘を打つ音とともに加速。
 午後からは天気もあがり再びりんご園で摘蕾作業。
 夜は温泉に浸かり、りんご農家の生活を満喫してほしいです。箱打ち

北の国から~第2弾~

 昨日一昨日と苫小牧の中学生がファームスティに訪れ今日の朝無事帰りました。
 午後からは同じ苫小牧の中学生が来ました。
 今日も生憎の雨。日中は倉庫でりんご箱をつくりました。
 てんき予報では明日は晴れようです。
 りんごの開花もまだなんで晴れてほしいものです。
 写真は夕飯の様子ですが献立は鳥の唐揚げとウドの芽の天ぷら、コゴミの天ぷらにキャベツの千切りとトマトにポテトサラダと味噌汁に御飯でした。
 ホント御飯は食べました。六人で一升完食。笑うしかありません(笑)
 美味しく食べてもらえるだけで満足です。夕飯(グリンツ)

北の国から~第3弾~

 昨日、民泊された方々は本日無事に帰られました。
 農家の日常生活をどのように感じられたでしょうか?
 朝早くからの慣れない農作業。
 寒さに手がかじかみながらも皆さんよく摘蕾作業を頑張ってくれました。
 皆さん方が作業してくれたおかげでだいぶ作業もはかどりました。
 第1弾の皆さんは本日無事自宅に到着されたようです。
 農業を取り巻く環境は厳しいですが農家の中の「ゆとり」農業を営む上での「心のゆとり」を求めて始めたグリーンツーリズム。
 たくさんの感動をもらい、たくさんの方と出逢い、本日、昨年民泊された学生からコメントまで戴き、このうえない幸せです。                                                 またブログの中でこのように賑わってくれれば幸いです。
 
 啓明
今後は、もっと会員が増え、泊める側としての理解を深められたらいいなと思う今日この頃です。

北の国から~第4弾~

グリンツ焼きそば
りんご花
 「ガッツリ食ってガッツリ働く。」
 修学旅行生徒との会話の一部ですが、11日から始まったグリーンツーリズム活動。
 今日から中休みと言った感じです。休みは2日ですが・・・。
 1週間で35人の学生が一緒に食べ、一緒に働き、汗をかきました。
 来年用の花粉の採取。りんごの箱打ち。摘蕾。摘花。さまざまな仕事を頑張ってくれました。
 修学旅行生の多種多様な物事のとらえ方に感嘆し、いろんなことも学ばせてもらいました。

 りんごの花は、ほぼ満開といった感じの今、青森津軽は桜に負けじと咲き誇るりんご花に酔いしれる季節到来といったところです。
 いろんな方に見てほしいものです。
 
 明日も日の出から日没まで全開で頑張ります。
 

北の国から~第6弾~

北山
 あっと言う間に6月。
 小樽より修学旅行生が来てくれ日中のリンゴ園は活気に溢れています。
 
 さて、今日から「子供手当て」開始ですね。
 私は三人の子供がいますので非常に助かりますが、ホントにいいの?ってのが本音です。
 普天間にしかり高速道路無料化にしかり嘘八百を並べ選挙に勝ち、国債を発行してまで国民に現金給付。
 普通の感覚なら有り得ないよな。
 借金してまで金をくれる。尋常じゃない気がするのは自分だけだろうか?
 結局は今、対象になってる子供達が将来返さなければならない借金なんだろうね。
 辞めろ!辞めない!そんなのどうでもいいが地に足をつけ、まともな政治に期待したい。

 話は反れてしまいましたが、りんごはしっかりと受粉され身立ちしました。これからは毎日毎日目に見えて成長していきます。
 「強く、早く」摘果しなきゃ、りんごの生育は平年並みに回復できません。
 いそげ!!
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク