FC2ブログ

農協の在り方・・・

 ブログ二本立て!なんて映画のような話ですが、たいした話じゃありません・・・。

 昨夜、農業経営士会の忘年会がありまして忘年会に先立ちまして講演を聞いてきました。
 講師の方は前の相馬村農協の総務部長の田沢さんの話です。
 青森県のりんごの中でも「飛馬りんご」のブランドに成功し農協の立場や農協のあり方、毒舌ではありますが為になる講演でした。
 青森県の母体って農林水産業と言っても過言ではありません。
 したがってJAの果たす役割って非常に多大な感じがします。また一農家がJAへの期待ってのは計り知れないものもあります。
 しかし小さなメリットよりもスケールメリットを優先し農家のJA離れに気づいていないような感じがします。
 経営者は一農家の所得向上よりJA全体の数字が目標であって足元の数字に気づいていないようにも感じます。
 
 どうせだからズバッと言っちゃおう!
 
 私が所属している農協は県内でも一番大きい農協です。
 まず、農家が農薬や農業資材なんてのを買う時の話から。
 農家に農薬や肥料また農業資材の注文をとるんだけど人に物を買ってもらう時にチラシで注文とって、いついつまでに農協の方に提出してください!みたいな感じです。どっちがお金を払うのかわかりませんね。
 職員が椅子に座ってても売れるのですからイイ商売ですよね?
 また、農家の昼休みなんかに資材なんかを買いにいけば当然JA職員も昼休みで、「すみません」ってお願いして買うのもJAだけのような気がします。どこの店行っても従業員は腰が軽く頭が低いんですよね?
 ガソリンスタンドも然り・・・。
 「いらっしゃいませ!」なんて当たり前の挨拶が、まず聞いたことがありません。
 笑顔の無いスタンドなんて名で売り出し商売するのか!って感じのスタンドです。
 これじゃ新規でいらっしゃったお客さんが、また来るわけがないって・・・。

 最後に、農協が合併合併で大きくなってスケールメリットを利用して農産物の有利販売なんて言ってるけど、有利になってるのは職員の給料ばかりで農家の手取りなんてのは、もぬけの殻状態。
 再生産できないような価格で普通の顔して精算してますよ。
 再生産できない価格で精算するまでの経緯なんてのは一切の説明も無。
 まぁ、農家が忘れた頃にでもやるだろうけど・・・。

 JAに寄せる期待が大きいからこそ、このような愚痴やボヤキがでるのですが、焦らず急がず自分の経営は自分で守っていきますわ。
 
 先日、新聞で読んだ川柳が頭によぎったので紹介します。

 「赤字だぞ あんたが辞めれば すぐ黒字」 
 相馬村の田沢さん
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク