FC2ブログ

たわいもない話

娘の高校受験の失敗から、人生について深く深く考えさせられる。先輩方からは、晴れのない雨はないよと励まされたり。
横綱稀勢の里が中学校卒業の論文に残した言葉が頭をよぎる。『天才にはなれません。生まれてしまったのだから。努力だ。努力して天才に勝ちます。』15歳の春にこのような言葉を残されております。
どんな感性してんだろ?と思う。娘と稀勢の里と比べることがおこがましいのだが。

中学三年の卒業と同時にプロとして大相撲の門を叩くのだが、この時の親の心境も考えさせられた。
これも人生。横綱として、成功したから!とかじゃない。なんで、人一倍努力できたのか?仕事が好きだからってことに違いない。

仕事が好きになると、イイ仕事ってのができるようになれる気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク