FC2ブログ

木として見、林と見て森と見よ。

初期の収量を少しでも多く確保したい思いで、1本でも多くの苗木を植栽し今では隣樹との枝の配置で困っています。
元々、頭は良いほうではないのでフルフルフル回転。眼が回ります。
その時に常に頭に浮かぶのが、この言葉。
「木として見、林と見て森と見よ」
一本の樹を見るのではなく、隣の樹との関係性を見極め最終的には園地全体を観なさい。との言葉だと解釈しています。
しかし頭はパンク寸前。
でも充実感が剪定が一番ですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク