FC2ブログ

人生自分株式会社

今年の春だったろうか?
ある方から、りんごづくりは「ものづくり」ですか?と問われた。この言葉にハッとした。りんご園を農産物工場とするならば工場からの製品は商品となる。いや、商品として換金する以上「もの」なのである。
では、「もの」とは何なのか?
辞書をひいたり様々な視点から自分なりに考えた。行き着いた答えは「もの」とは自分の中にもあるということだった。
私もスーパーやデパート、コンビニあらゆる場所で買い物をする。めったに行く機会はないがデパ地下は大好きだ。お金を払って商品を手に入れる訳ですが、買うと判断するとき対価として反対側の天秤にかかってるものは私の場合は品質ではない。では何なのか?
私の場合は「価値」である。
この価値こそが心の中にあるものだ。
りんごにおいては形が良いとか、色が濃いとか、大きいとか。これよりも香りがするとか何より美味しいというのが私の場合は価値なのである。
私の人生において周りに誇れる一等賞が何もなかった。特別、足が速いとか、勉強ができるとか。そんななか、28才の時にりんごづくりにおいて黒石市内で一等賞をいただいた。りんごづくりに夢中になった。りんごづくりが自分に自信をもたらし、いつしかりんごそのものが夢となり、りんごづくりを一生の生業にするんだって心に固く決めた。
私にとって、りんごは「自」である。
何度も言うが「もの」とは価値であり、りんごは「自」。ものを売るということは自分を売るということのように思う。

結びに、誰のため何のためにこの仕事をするのか?りんごが自分にもたらした縁での仲間、これから出会う仲間の自我の実現をそしてこの仕事を通し故郷のなくてはならない人材になっていきたい。他の人の希望になれるような人生を歩めたら最高だと思う。
人生とは自分が主人公の物語であり、なによりそれが商品なのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク