FC2ブログ

美味しいりんごを生産するために

 今日から本格的に剪定を始めた。
 曇り空だったが全く問題なし。
 剪定しながら様々なことが頭をよぎる。
 今年から青森県りんご剪定士になるために青森県りんご協会というところで三年間の勉強することにしました。剪定士という称号なんて、どうでもいいことなのだが剪定というりんご栽培の要をみっちり勉強しようと思う。
 結論的には剪定だけじゃなく、りんごづくりの勉強だ。
 単純に無剪定となると自然界の樹木を想像してほしい。
 仮に杉の木であっても外側だけに葉っぱがつき樹幹内部の日光の当たらない場所には葉っぱはつかない。剪定とは、これを防ぐ為に樹幹に近い基部から結実させる為の作業だ。
 今年のテーマは葉っぱ。
 美味しいりんごは葉っぱがつくる。
 赤く着色させるのも葉っぱの力。
 剪定で切られた枝は基の長さを取り戻そうと伸びる。
 切られた木につくであろう葉っぱの数以上の葉っぱを今年伸びる枝に載せようと考えている。
 りんごの樹は生き物だから当たり前なのかも知れないが、枝の素質によって葉の付き方が違う。同じ長さの枝でも三倍も四倍も葉をつける枝もある。

 夕方頃には完全に頭が回らなくなる。
 これから長い長い剪定作業が続く。美味しいりんごの収穫を夢みて。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク