FC2ブログ

弔辞

私が中学二年の時に実の父親は不慮の事故で亡くなった。私が二十歳の時に大学を卒業、そして青森へ帰り就農を決意した時からりんごづくりのイロハや社会人としての生き方など数えればキリがないほど教えてくれた方が九日の日に農作業中の不慮の事故で亡くなった。
『弔辞』
今 私は あなたの霊前に 震えながら立っている
弔辞を述べるにあたり 適当な言葉が 見当たらない
亡くなった次の日 あなたの友人らと一緒に りんご園の薬かけをした
あなたが育てたりんご樹を前に 涙がとまらなくなった
同じりんご人として りんごを愛し りんごを育み 何よりりんごと共に私をも育ててくれた
あなたに贈る言葉をりんごの花言葉からも探してみたが適当な言葉が見当たらない
『愚直』
あなたからは愚直に生きるという大切なこと学んだ
最後にあなたへ一言だけ言っておかなければならない言葉がある
『ありがとう』
『ホントにありがとう』
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク