優先順位

 毎日りんごの摘果に勤しんでおります。
 草も伸び放題。しかし摘果しなきゃ。草刈りしてれば摘果は遅れる。難しい。優先順位。
スポンサーサイト

摘花

 蕾が開き花が咲き、無駄な花を摘み取ってます。気の遠くなるような仕事ですが、剪定が下手くそな自分に周りと一緒なりんごの肥大を促すとすれば、非常に肝心な作業。とにかく早くです。いち早く無駄な花や奇形や未熟の果実を摘み取ることにより、健全な果実へ養分の転換をはかる作業が敵花作業。これぞ日の出前から日没まで。不眠不休ではダメですがお昼休みもおにぎりをかじっての作業です。

不眠不休

 久しぶりの更新。
 剪定を終え、りんごの花が開花しました。摘蕾作業から摘花作業へと移行しました。
 移行って言うものの一緒ですけどね。
 
 先日農業界の大先輩から「不眠不休」という言葉を耳にし、記さなきゃという想いに至りました。
 人手が足りない。とか忙しい。とか。これらも最後は農家が不眠不休で乗り越えてきた。と。
 思い起こすことがありすぎて、笑うほかありませんでした。
 今の時代、不眠不休はダメですね。
 節度ある仕事しなきゃと考えさせられた言葉でした。

感謝しなければならない

 次女の高校受験失敗に娘より私の方がショックが大きく、ようやく立ち直れそうです。
 娘は既に私立高へ毎日朝早くからソフトボールの練習に出かけて新しい環境に四苦八苦してそうですが楽しんでいるようです。
 弘前市内の私立校へ通うため学費の他、交通費に加えソフトボールの強豪校であるため部活動にかかる部費も結構高いと聞きます。
 長女の私大との両立に少々ビビッてますが、これも親の務め。新しいマイホームを建てることや高級車に乗ることが人生の目的ではありません。
 子供を育てることが私の務めでありますので、現実にしっかりと向き合い、次女の高校受験失敗により、もっと仕事頑張んなきゃと考えさえてくれた次女に感謝したい。
 燃える!
 

たわいもない話

娘の高校受験の失敗から、人生について深く深く考えさせられる。先輩方からは、晴れのない雨はないよと励まされたり。
横綱稀勢の里が中学校卒業の論文に残した言葉が頭をよぎる。『天才にはなれません。生まれてしまったのだから。努力だ。努力して天才に勝ちます。』15歳の春にこのような言葉を残されております。
どんな感性してんだろ?と思う。娘と稀勢の里と比べることがおこがましいのだが。

中学三年の卒業と同時にプロとして大相撲の門を叩くのだが、この時の親の心境も考えさせられた。
これも人生。横綱として、成功したから!とかじゃない。なんで、人一倍努力できたのか?仕事が好きだからってことに違いない。

仕事が好きになると、イイ仕事ってのができるようになれる気がする。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク